大学生 一人暮らし

【女子】大学生の一人暮らしにかかる費用はいくら?必要な費用などを解説します。

【女子】大学生の一人暮らしにかかる費用はいくら?必要な費用などを解説します。
【女子】大学生の一人暮らしにかかる費用はいくら?必要な費用などを解説します。
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

【女子】大学生の一人暮らしにかかる費用はいくら?必要な費用などを解説します。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生の女子の一人暮らしにかかる費用はいくらぐらいなの?」「女子の一人暮らしの費用はだいたい平均はいくら?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

「大学生への進学に向けて…」または「大学生活慣れてきてもう少し費用を抑えたい…」

一人暮らしをしている、または、考えている方には、親に仕送りがないという方もいるでしょう。

そのケースでは、仕送りなしでも生活することは可能なのでしょうか?

そのため、今回は女子大学生の一人暮らしの費用について詳しく解説していくとともに、仕送りなしでも生活しているかについて見ていきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、女子大学生の一人暮らしにかかる費用はある程度マスターできるかと思います。

では早速解説していきます。

女子大学生の一人暮らしに必要な費用は?

女子大学生の一人暮らしに必要な費用は?

結論から言うと、女性大学生の一人暮らしに必要な費用は、94,500円になります。

※家賃と通信費は除いています。

詳しく見ていきましょう。

女子大学生の一人暮らし費用の内訳

女性がかかってくる費用はこのあたりではないでしょうか?

女子大学生にかかる費用の内訳
  • 食費
  • 水道光熱費:水道や電気代の生活に必要な支払いのことです。
  • 被服費:女性ならではの費用ですが服にかかるお金は男性より大きいです。
  • 美容費:これも同様に女性の方が費用が大きいです。
  • 日用品費
  • 交際費
  • 医療費
  • 交通費:大学生であれば必ず必要になる費用です。
  • 娯楽費

表でもお金の数値を見てみましょう。

食費30,000円
水道光熱費10,000円
被服費10,000円
美容費10,000円
日用品費5,000円
交際費10,000円
医療費4,500円
交通費5,000円
娯楽費10,000円

表を見てみると客観的に数値を見ることが出来て、大体に平均費用がお分かりいただけると思います。

特に、男性と違っているのは、被服費と美容費になります。

ファッションや化粧にお金がどうしてもかかってしまうため、男性よりはかかる費用が大きくなってきてしまいます。

では大まかな費用を占めている種類のものを見ていきたいと思います。

女子大学生の一人暮らしに必要な水道光熱費:10,000円

女子大学生の一人暮らしに必要な水道光熱費:10,000円

月に女性の一人暮らしにかかる平均的な水道光熱費は1万円前後です。

地域や料金プランによっても金額異なるため明確な数値は言えませんが、大体の平均であるためこのくらいの見積もりは持っていたほうが良いでしょう。

女子大学生の一人暮らしに必要な食費:30,000円

女性の一人暮らしの場合、1ヶ月にかかる食費の平均は3万円~3万5千円程です。

毎日自炊をしていけば、2万円前後に抑えることが出来ます。

しかし、毎日自炊するといっても中々厳しいものがあります。

事前に外食に行く費用を考えた上で計算していきましょう。

仕送りなしで一人暮らしを行うためには?

では結論として、仕送りなしで一人暮らしをすることは出来るのでしょうか?

これは…一人暮らし出来ます。

平均費用は、94,500円かかってしまいますが、様々な工夫をしてけば一人暮らしは可能です。

それらの工夫方法について見ていきましょう。

まとめるとこんな感じです。

女子大学生が一人暮らしを行うための工夫
  • 食費を抑える
  • 奨学金を利用する
  • 家賃を抑える

ひとつひとつ見ていきましょう。

食費を抑える

食費を抑える

費用のうちで大きな割合を占めるのが食費でしょう。

上記の費用をみてもらえればすぐわかると思いますが、かなりの費用がかかっています。

大学生になると、友達と外食をする機会が増えてしまうものです。

しかし、食費は他の費用よりかなり抑えることが出来ます。

それは自炊をすることです。

また、バイト先でまかないを頂く方法もいいでしょう。

奨学金を利用する

どうしても一人暮らしの費用が賄えない場合は、奨学金を利用することで可能になります。

奨学金を利用することで、学費に当てることが出来ます。

学費と生活費の全額を、バイトだけで捻出するのは大変だと思います。

ただし、奨学金は実質、借金ですので気をつけましょう。

将来は借りたお金を返していかなければなりません。

家賃を抑える

家賃を抑える

家賃を抑えるをことはかなり効果的です。

今回は、家賃については触れませんでしたが、家賃は平均で53,000円になります。

このデータは男性・女性をどちらも考慮しているため少ない数値になっています。

理由は、女性はプライバシーの面やセキュリティの面で女子のほうが家賃が高い傾向にある研究データがあります。

これらを考えるとやはり値段は高くなってしまいます。

詳しいことはこちらの記事を参考にしてみてください。

【大学生必見!】大学生の一人暮らしにかかる費用の平均はいくら?

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、【女子】大学生の一人暮らしにかかる費用はいくら?必要な費用などを解説します。というテーマでお伝えしました。

女子大学生のかかってしまう費用が男性よりは多くなってしまいますが、抑えようと思えば抑えられるのが現状です。

今回、お伝えした内容の部分をしっかり考慮してもらえれば効率的に節約出来るでしょう。

月にかかる女子大学生の一人暮らしの費用は、94,500円。

これを基準に生活していってもらえれば大体の方は大丈夫でしょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!