バイト

大学生がバイトをするのは意味がない?必要性と時間の使い方について解説します。

大学生がバイトをするのは意味がない?必要性と時間の使い方について解説します。
大学生がバイトをするのは意味がない?必要性と時間の使い方について解説します。

大学生がバイトをするのは意味がない?必要性と時間の使い方について解説します。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは、日々、若者(大学生)に向けたライフハック情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生になってバイトをしているんだけど実際バイトをする意味って何?」「バイトをこれから始めようと思うんだけど、意味あるの?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

大学生になると、多くの方がバイトを始めます。

そんな中で生活費に余裕があったり、実家暮らしでお金に困っていない大学生はそもそもバイトをする必要がなく、時間の無駄なのではないかと考える事があるでしょう。

そのため今回は、そんな疑問を持つ大学生を対象に大学生がバイトをする意味と必要性、そして時間の使い方について詳しく解説していきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、ある程度の大学生がバイトをする意味と必要性については理解できるでしょう。

それでは参りましょう。

結論:大学生がバイトをすることは意味はがあり、必要。

結論:大学生がバイトをすることは意味はがあり、必要。

結論から述べると、大学生がバイトをするのは時間の無駄ではなく、意味は確実にあって必要です。

また、その必要性が大きいです。

これからその理由について説明していきます。

まとめるとこんな感じです。

大学生がバイトをする意味とは?
  1. バイトは人生経験
  2. ほぼ9割の大学生がバイトを経験している
  3. 将来のスキルにつながる

この3つが、大学生がバイトをするのは時間の無駄ではなく、意味は確実にある理由です。

ひとつひとつ見ていきましょう。

バイトは人生経験

普通に大学生をしていて、普通にサラリーマンになる方が9割を超える日本社会でバイトは一つの通過点と言っても過言ではないでしょう。

大半の方が会社に入っており、その中でどうやってたち振る舞っていくかが大切になってきます。

大学生時代にバイトをすることで、事前にその練習をするという意味ではバイトが大きな役割を果たします。

また、良い人間関係や基本的なビジネスマナーなどは大学生のうちに覚えておくことで、社会から出遅れることが無いようになります。

一般的な作法が学べるバイトはその点では、大きいでしょう。

ほぼ9割の大学生がバイトを経験している

この数字に皆さんは驚きませんか?

僕はかなり驚きました。

ほぼ9割の大学生がバイトを経験しているということは、みんながやっている日常のことだと言えるでしょう。

例を挙げると、バイトをしていなかったあなたは、就職活動の面接の際に必ずこんなことを聞かれはずです。

「どうしてバイトをしていなかったのでしょうか?生活費は仕送りですか?」

この質問をする理由は簡単です。

大学生はバイトをしているのが当たり前という常識があるからです。

この質問に論理的に「バイトをする必要がないこと」を証明できればなんの問題はありません。

しかし、大学の授業は忙しくなく、実家暮らしの方がバイト経験無しとなった場合、面接官からどのように見られるのかは想像できるでしょう。

将来のスキルにつながる

バイトをすることで将来のスキルにつながる事ができます。

これは非常に大きいメリットではないでしょうか?

普通に大学生は、初めは活かせるスキルがありません。

活かせるスキルがないということは、就ける仕事の幅が広いということでもありますが、自分の市場価値が低いということです。

市場価値を高めていかなければ、今に時代を生きていけません。

つまり、将来やりたいことを見つけるためにもインターンやバイトを通して、実際に経験して自分自身に合っているのか、合っていないのか判断することが大事なのです。

大学生のバイトの必要性

大学生のバイトの必要性

大学生はバイトをしたほうが良いですが、それでも面倒だという方もいるかもしれません。

しかし、今は個人の時代だと言われています。

つまり、バイトやインターンを通じてスキルを身に着けた後に、個人で稼ぐことが出来ます。

これを皆さんは知らない方が多いです。

今からの時代は個人が企業レベルの力を持つようになり、雇用が流動化して正社員が減ると言われています。

したがって、個人で働く時代が来ています。

その代表例が、YouTuberです。

一昔前は個人がメディアを持ち、稼ぐという方法はなかったですが、現在はありふれるほどたくさんのインフラが整備されています。

ブログやYouTubeもそれに当たります。

5Gもこれから導入されていくため、この流れは加速していくでしょう。

そのため、バイトをすることは将来の自分に投資できるいい機会だということです。

大学生のバイトの時間の使い方

大学生のうち少なからず、バイトは時間の無駄だと考えてしまう方がいますが、そんな事はありません。

バイトは上記でも述べたように経験やスキルが身につきます。

スキルがつかないバイトに関しては時間の切り売りになることが多いです。

また、将来その経験が役に立たないことも容易に想像がついてしまいますが、最初は自分が興味持つバイトであまり考えずに挑戦してみるのも良いでしょう。

そのバイトが実績を積んでいけばいくほど、比例して年収が上がるバイトであるならば、時間の無駄だと考えてしまうのは早いでしょう。

将来の自分に投資できるバイト先を選ぶことが大切です。

スキルを得るほうが大切

スキルを得るほうが大切

お金を稼ぐことももちろん大事ですが、何度も言いますが、スキルを習得するほうが圧倒的に大切です。

バイトは自分の労働を売ることになるため、どれだけ頑張ろうが時給が上がることはないです。

サボっていても、頑張っても結果は同じなのです。

時間が経てば時給が50〜100円上がる昇給はありますが、楽ではないでしょう。

スキルを身につけると圧倒的に楽になりますし、精神的にも余裕が出来ます。

僕自身も、このようにブログなどで発信しています。

これはバイトではなく、バイトからスキルを得て自分で運営しています。

考え方によって合理的にバイトをすることが大切です。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生がバイトをするのは意味がない?必要性と時間の使い方について解説します。というテーマでお伝えしました。

大学生でバイトをする意味は十分にあり、必要なことだと思います。

しかし、そのまま何も考えずに行動しないのはよくありません。

今回僕が述べた大学生にうちにバイトをする意味というのを日々考えながら生活していくと良いでしょう。

そうすれば、きっと見えてくるでしょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!