大学生 一人暮らし

大学生の一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?初期費用はいくら?

大学生の一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?初期費用はいくら?
大学生の一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?初期費用はいくら?
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

大学生の一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?初期費用はいくら?

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生で一人暮らししたいんだけど、引っ越しどのくらいかかるの?」「初期費用はどのくらい?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

今回は大学生の一人暮らしの引越し費用について詳しく解説していきます。

この記事を最後までお読みいただければ、引っ越し費用の相場はある程度理解できるでしょう。

では早速解説していきます。

結論:大学生の一人暮らしの引っ越し費用は家賃の6〜14ヶ月分に相当

結論から言うと、大学生の一人暮らしの引っ越し費用は家賃の6〜14ヶ月分に相当します。

家賃が7万だとすると、一番安く済んでも、7万×6ヶ月=42万円になります。

実家から出て初めて一人暮らしをするケースでは、家具・家電といった生活家電や雑貨品をまとめて買わなければなりませんん。

もうすでに一人暮らしをしていて、別の物件に新たに引っ越しをする場合は、家電などは新しく購入する必要はありません。

その代わりに、引越し作業費用や撤去費用などが別途かかってきます。

まとめるとこんな感じです。

〜引っ越しにかかる費用〜〜引越し費用の目安〜
引っ越し作業費用0.5ヶ月分
現在の部屋の片付け費用0〜1ヶ月分
契約費用5ヶ月分
家電を揃えるための費用0〜6ヶ月分
6〜14ヶ月分

引越し作業費用で0.5ヶ月分になります。

今住んでいる物件を片付けるのに必要な費用が0~1ヶ月分でしょう。

新規で物件の賃貸契約をする時にかかる費用が5~6か月分です。

総額で家賃の6〜14ヶ月分程度必要だと考えておくのがベストです。

既に一人暮らしをしている大学生

既に一人暮らしをしている大学生は、家電を揃える必要がないため、費用が0ヶ月分となっています。

「今住んでいる物件になんも嫌なところはないのに、単純に新たな場所に住みたい!」なんていう気持ちは大学生にはあるあるです。

もう既に毛電は揃っているので引っ越しをするハードルは低いでしょう。

また、2年契約のところも多いので、ぜひ悩んでいる大学生は引っ越ししてみましょう。

引っ越しをする際の契約費用の内訳とは?

引っ越しをする際の契約費用の内訳とは?

契約費用の内訳は以下の通りです。

まとめるとこんな感じです。

敷金家賃約1.3か月分
礼金家賃約1か月分
仲介手数料家賃約0.5か月分
前家賃家賃約1か月分
日割り家賃(家賃÷入居月の日数×入居日数)
管理費・共益費5%~10%
賃貸保証料家賃の0.5~1月分※物件による
鍵交換費用オートロックのケースだと2~3万円前後
火災保険料20,000円程
消毒料10,000~20,000円程

家賃基準に話を進めていきたいと思います。

実際の金額を出してしまうと、かなり個人差に酔って金額が前後してしまうので家賃基準にしています。

今回は、契約費用の大部分を占める敷金・礼金・仲介手数料について詳しく説明していきます。

契約費用:敷金

契約費用:敷金

敷金とは、大家さんへ渡す保証金になります。

つまり、担保になります。

簡単に説明すると、住人が撤去する際に修復しなければならない箇所があった場合に、この敷金が使われます。

国土交通省の調査結果では、契約時に敷金を支払った割合は減少傾向にあるようです。

契約費用:礼金

契約費用:礼金

昔からの文化ですが、大家さんに対してのお礼金になります。

大学生が引っ越しをする際にも、大家さんに対してお礼の気持ちとして敷金を渡すのです。

礼金は敷金は違い、返金されないのが特徴です。

しかし礼金の支払いについては、物必要ない場合も存在します。

国交省のデータ見ると、敷金と同様に最近では減少傾向にあるようです。

契約費用:仲介手数料

契約費用:仲介手数料

仲介業者を通して契約をした場合に、物件を仲介してくれた業者さんに対して支払う手数料になります。

ここではほとんどが不動産会社になります。

これが成功報酬となります。

大学生の一人暮らしで引っ越しをする際はこの大きな3つの契約費用がかかることを覚えておいてください。

大学生が引っ越しをする場合のコツ

大学生が引っ越しをする場合のコツをご紹介したいと思います。

これは単純ですが、迷わないことです。

費用も当然気にしないとダメですが、物件はほぼ無数に存在します。

その中から選ばなくてはならないのです。

大学生がやりがちなことは、悩みすぎて選ばずにそのチャンスを逃してしまうことです。

悩まずにパッと決めてしまったほうが、費用が安かったり環境が良かったりするものです。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生の一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?初期費用はいくら?というテーマでお伝えしました。

大学生が引っ越しするとなると、大体は一人暮らしが始めてなの悩む方がほとんどでしょう。

女子大学生のほうがセキュリティ面画心配な方が多いため、家賃が高い傾向にあります。

そのため、引っ越し費用も必然的に高くなるのです。

しょうがないことですが、引っ越しする前に慎重に考えてから行動しましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!