大学生 一人暮らし

大学生が【仕送りなし】で一人暮らし出来るのか?具体的費用は?某有名私立大学生が教えます。

大学生が【仕送りなし】で一人暮らし出来るのか?具体的費用は?某有名私立大学生が教えます。

 

大学生が【仕送りなし】で一人暮らし出来るのか?具体的費用は?某有名私立大学生が教えます。
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

大学生が【仕送りなし】で一人暮らし出来るのか?具体的費用は?某有名私立大学生が教えます。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「今年大学生になるんだけど、実際、仕送りなしの一人暮らしって可能なの?」「引っ越したいんだけど、一人暮らしの相場費用がわからない…」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

高校生になれば、自然と考えるのが自分の進路でしょう。

大学進学には、学費や生活費と言った大きな金銭的負担があります。

本当は行きたいけど、金銭的負担が大きいため大学生活に不安があるのではないでしょうか?

仮に、地方から上京して一人暮らしをする大学生活をするのであれば仕送りなしで生活は可能でしょうか。

そのため、今回は地方を離れて大学のために上京した場合の生活費について徹底解説します。

この記事を最後までお読みいただければ、ある程度の一人暮らしの相場と大学生が仕送りなしで生活できるかについて理解できるでしょう。

それでは早速解説していきます。

結論:仕送りなしで大学生の一人暮らしは可能

結論:仕送りなしで大学生の一人暮らしは可能

結論から先にいうと、仕送りなしで大学生の一人暮らしは可能です。

あなたがもし、私立大学生でも、都内の大学生でも一人暮らしを仕送りなしですることは可能です。

詳しく説明していきます。

大学生の一人暮らしの具体的費用は?

では一体どのくらいの費用がかかってくるのでしょうか?

大きく分けて、2つの費用がのしかかって来ます。

主な一人暮らしの費用
  1. 学費
  2. 生活費

この2つになります。

ひとつひとつ見ていきましょう。

大学生の一人暮らしの主な費用:学費

大学生の一人暮らしの主な費用:学費

大学生の一人暮らしの主な費用として学費があります。

今回は、私立、国公立大学について詳しく説明していきます。

国立大学約64万円(1ヶ月約5.3万円)
公立大学約66万円(1ヶ月約5.5万円)
私立大学約136万円(1ヶ月約11.3万円)

これらのデータはマイナビから基づいています。

しかし、これはあくまでも平均値であり、細かく見ると学部によって金額はかなり違ってきます。

これらは、入学金を含まていないため、初年度はより高くなります。

大学生の一人暮らしの主な費用:生活費

大学生の一人暮らしの主な費用:生活費

では生活費はいくらぐらい掛かるのでしょか?

まとめておきます。

年間の生活費120万円前後
一ヶ月の生活費10万円前後

大学生の一人暮らしで年間に必要な生活費は、約120万円となります。

1ヶ月あたりに換算すると、10万円前後です。

詳しい生活費についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

大学生の一人暮らしにかかる費用の【内訳】はどんなものがある?いくら?

学費+生活費

学費と生活費を合わせると、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか?

合計の一人暮らし費用
  • 国立:約15.3万円
  • 公立:約15.5万円
  • 私立:約21.3万円

このような感じになります。

仕送りなしで大学生でも一人暮らしを行うポイントは?

仕送りなしで大学生でも一人暮らしを行うポイントは?

ではこれまでどのくらいの費用で大学生活を送れるのかについて説明してきました。

そのため、ここでは仕送りなしで大学生でも一人暮らしを行うポイントについて見ていきましょう。

まとめておきます。

仕送りなしで一人暮らしを行こなうポイント
  1. 奨学金を利用する
  2. 学費は親に払ってもらう
  3. 家賃の費用を抑える
  4. 待遇の良いバイトを見つける

この3つが効果的な費用削減のポイントです。

詳しく解説していきます。

奨学金を利用する

奨学金を利用することで「大学に行きたいが、生活費がまかなえない…」などといった大学生に適しています。

一時的にお金を借りて、後から返済するという方法です。

ある程度の利子は付きますが、他の金融から借りるよりも圧倒的に利子率が低いため、大学生の大半の方は利用しているのではないでしょうか?

おすすめはしませんが、どうしても大学に行きたくて、お金を捻出したいという方には良いでしょう。

しかし、気をつけなければならないのは、これはいわゆる借金です。

この点は忘れないように奨学金を利用しましょう。

この方法を利用すると、仕送りなしで大学生の一人暮らしを送ることが出来ます。

しかし、おすすめしているのではなく、借金であるためなるべく控えるようにしましょう。

学費は親に教えてもらう

これは、ポイントではないかもしれませんが、学費を親に支払ってもらうことで、個人的に支払う費用はかなり抑えられるでしょう。

上記でも説明しましたが、学費は以下のとおりです

  • 国立:約64万円(1ヶ月約5.3万円)
  • 公立:約66万円(1ヶ月約5.5万円)
  • 私立:約136万円(1ヶ月約11.3万円)

つまり、生活費だけでいいのためこの負担が月々無くなります。

かなり楽になるのではないでしょうか?

ぜひ両親と相談して大学生活を送ってほしいものです。

家賃の費用を抑える

この方法はかなり効果的で、仕送りなしで一人暮らしをしようと考えている方にはぜひ吟味すべきでしょう。

家賃は生活費の中でも、大きな割合を占めている費用です。

家賃は、月々1万円異なるだけで、年間12万円も変わってきます。

多少、環境や最寄りの駅が遠くなるかもしれませんが、浮いた年間の12万円のお金を上手く使ったほうが良いのではないでしょうか?

また、学生マンションなどがあるところも多々存在するため、大学生の特権を上手く利用することがポイントです。

学生を上手く利用することで圧倒的な費用の削減が可能です。

待遇の良いバイトを見つける

待遇の良いバイトを見つける

待遇の良いバイトを見つけることが仕送りなしで一人暮らしを送ることのポイントの一つです。

支出が大きければ、収入が大きくなければなりません。

つまり、大学生は一般的にアルバイトをしている方が多いでしょう。

そのため、収入を獲得出来るバイトを見つけることが大切になってくるのです。

より詳しいバイト情報が知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【大学生必見】おすすめの長期バイト5選!某有名私大生が教えます。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生が【仕送りなし】で一人暮らし出来るのか?具体的費用は?某有名私立大学生が教えます。というテーマでお伝えしました。

大学生になると遊びも圧倒的に増えるため、バイトをしっかりとしていかないといざ遊びたいときにお金がなくなってしまいがちです。

仕送りなしの場合はなおさらでしょう。

また、繰り返しですが、大学生が仕送りなしでも一人暮らしは可能です。

楽しい大学生活を送るためにも、費用のことについてしっかりと考えていきましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!