バイト

大学生は注意が必要?バイトの税金は月収いくらでかかるのか?

大学生は注意が必要?バイトの税金は月収いくらでかかるのか?某有名私大生が教えます。

大学生は注意が必要?バイトの税金は月収いくらでかかるのか?

こんにちは、大学生ラボラトリーです。僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生のバイトって月収何万円いったら税金にひっかるの?」「バイトの税金が不安…」「バイトで稼いだ税金で損をしない方法ってあるの?」

今回はこういった疑問について答えていきたいと思います。

最近では、ニュース番組などでよく話題になっている税金問題。

国や地方自治体が公共の役立つことを行うために国民が負担するお金になります。

しかし、個人の意見としては、税金にかかるお金は出来る限り少ない方が大学生という立場から見ても良いでしょう。

バイトで稼いだお金はそのまま大学生活のために使いたい気持ちはかなりわかります。

そのため今回は、大学生のバイトの月収と税金の関係をご紹介すると共に、税金で損をしない方法を解説していきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、大学生のバイトで稼ぐ月収はいくらまでなのか、賢いバイトのやり方が理解できるでしょう。

バイトで年間103万円以上稼ぐと税金がかかる

ではさっそく本題に入っていきましょう。

これは大学生に限りませんが、年間103万円以上の稼ぎがあった場合は課税の対象になってしまいます。

税金は個人の所得に応じて払う額は変わってきます。

しかし逆に、年間で得る稼ぎが103万円以下の場合は課税対象になりません。

つまり、年間で103万円を超えてしまうと税金がかかってしまうので、月収は103万円➗12ヶ月=約8万5千円になります。

この限度額が大学生のバイトの月収で税金にひっかからない最低ラインです。

所得とは自分が働いて給料としてもらったお金のことを指します。

そのため注意しなければならないことがあります。

それは、掛け持ちでバイトをしている場合は、そのバイト先から貰ったお金を合わせた所得が税金の対象になるので注意が必要です。

ここで問題なのが一つあります。

それは、年間103万円以上の所得だった場合は、税金を支払うだけではなく、個人で確定申告を行わなければならなくなります。

そして親の扶養に入っている保険などがある場合には、その扶養から抜けなければならなくなります。

確定申告をしてしまうと、税金分を自分の稼いだお金から引かれるだけでなく、確定申告を行う手間がかなり大きので大学生のうちから扶養を外すことはおすすめしません。

稼ぎすぎないようにするということも大事です。

掛け持ちバイトをしている大学生は注意が必要

掛け持ちバイトをしている大学生は注意が必要

先ほども触れましたが、掛け持ちバイトをしている大学生は、複数のバイト先からの給料を合算した金額が、年間の所得になります。

1年間で合計して103万円以上の稼ぎがあると、税金を支払う対象になってしまうため注意が必要です。

つまり、月収の給与明細をよく見ておくことが大切です。

税金を支払うことになるということは、確定申告を行わなければいけません。

確定申告をして税金を支払う対象と判断されることになると、税金を支払うのは当然のこと、親の扶養から外れなければなりません。

大学生の場合、バイト先が一つならばシフト調整で103万円以下に抑えるように出来ることも稀にありますが、バイトを掛け持ちしている大学生の場合は、両方のバイト先の給料をしっかりと理解しておかなければなりません。

バイトで稼ぎ過ぎてしまうと月収8万5千円を超えてしまい、自分で税金を納めなければいけなくなるので逆に損をしてしまうことも多々あります。

バイトの掛け持ちをしているなら、両方のシフト調整をしながら給料を合わせても年間103万円以下になるようにすれば、税金を払わずに済みます。

なお、おすすめの掛け持ちバイト先を別の記事でお伝えしてるので気になる方はこちら

某有名私大生が選ぶ大学生におすすめの【掛け持ち】バイト3選!

大学生の場合は、月収で考えた方が良いでしょう。

そのため、月収8万5千円を超えないようにバイトをしていくようにしてください。

大学生も注意!バイトでたくさん稼ぐと保険料を納める必要がある

大学生も注意が必要なのがこの話題。

バイトに保険は関係ない思われるが実は違います。

バイトなどの非正規雇用の状態で働いている大学生も加入対象となっている保険が存在します。

それは5つあります。

まとめるとこんな感じです。

加入対象5つ
  1. 健康保険
  2. 介護保険
  3. 厚生年金保険
  4. 労災保険
  5. 雇用保険

この5つが対象になります。

これがもしも、月収の稼ぎが税金にひっかかってしまうほどの金額であった場合は保険料を支払わなければならなくなります。

アルバイトだけでもこんなに保険加入していたなんて驚きです。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生は注意が必要?バイトの税金は月収いくらでかかるのか?某有名私大生が教えます。というテーマでお伝えしました。

大学生のバイト月収は8万5千円までに留めるようにしましょう。

そうしないと税金がかかるため、損をしてしまいます。

社会保険料を支払う状態になる前に事前に月収を確認しておくことをおすすめします。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!