バイト

一人暮らしの大学生は【アルバイト】を絶対しなければいけない?某有名私立大学生が教えます。

一人暮らしの大学生は【アルバイト】を絶対しなければいけない?某有名私立大学生が教えます。
一人暮らしの大学生は【アルバイト】を絶対しなければいけない?某有名私立大学生が教えます。
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

一人暮らしの大学生は【アルバイト】を絶対しなければいけない?某有名私立大学生が教えます。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生になって一人暮らしなんだけど、実際アルバイトってしたほうが良いの?」「一人暮らしのおすすめアルバイトを教えてほしい。」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、アルバイトをするべきかしないべきかはっきりと理解できるでしょう。また、おすすめのアルバイトもマスター出来ます。

では早速解説していきます

結論:一人暮らしの大学生にはアルバイトは必須

結論:一人暮らしの大学生にはアルバイトは必須

結果から先にいうと、一人暮らしの大学生にはアルバイトは必須です。

かなりのお金持ちであれば、アルバイトは必要はありませんが、大半の大学生は必要になってくるでしょう。

学費や生活費がかなりの負担となってあなたにのしかかってきます。

これからは大まかに分けてどのくらい費用がかかってくるのか見てみましょう。

一人暮らしの大学生にかかる主な費用

では、一人暮らしの大学生にかかる主な費用について見ていきましょう。

項目費用
食費25,000~30,000円
住居費50,000~80,000円
水道光熱費7,000~8,000円
娯楽費20,000円
通信費6,000~10,000円
雑費20,000円
合計128,000円〜168,000円

大まかな計算ですが、このようになります。

この表は全国平均を表していますが、注意しておくべきなのが住居費(家賃)です。

住居費に関しては住む場所により相場が非常に変化してきます。

特に都心部では、人工が増えるためその分、家賃も高くなります。

都心部の家賃は最低でも8〜10万円は必要と考えておくと間違いはありません。

一方で、地方大学であると、家賃4万の物件もたくさんあるでしょう。

改めて方を見て見ると、一人暮らしの場合、家賃と生活費だけで一番安くても10万円を超えてきます。

このお金をあなたはどうように支払っていくのでょうか?

大学生の一人暮らしを乗り越えていくためのポイント

大学生の一人暮らしを乗り越えていくためのポイント

では、大学生の一人暮らしを乗り越えていくためのポイントをお伝えしていこうと思います。

僕が考えるポイントは、3つあります。

以下のとおりです。

大学生の一人暮らしを乗り越えていくためのポイント
  1. 奨学金を利用する
  2. 大学生におすすめのアルバイトをする
  3. 家賃を抑える

以上の3つです。

ひとつひとつ見ていきましょう。

奨学金を利用する

奨学金を利用することは大学生の一人暮らしには、有効です。

奨学金は、貸与と給付に分かれています。

貸与

貸与は、年額・月額その奨学金団体からお金を貸してもらうことになります。

しかし、貸与奨学金は必ず返さなければならないお金です。

言ってしまえば、これは借金です。

大学生活が終わったら、返していくことになります。

給付

給付奨学金の場合は、その名の通りお金をもらえる方法になります。

このお金は返す必要はありません。

しかし、この給付奨学金は募集人数が決まっていて、誰でも受けられるわけではありません。

日頃からの勉強や課外活動に対する姿勢が見られてきます。

自身がある人は是非受けてみましょう。

大学生におすすめのアルバイトをする

大学生におすすめのアルバイトをする

大学生におすすめのバイトをすることも非常に大切なことです。

当たり前ことですが、生活に困ったらまずはアルバイトを皆さんはするとも思います。

しかし、効率の悪いアルバイトをしていてもあまり稼げません。

効率の良いバイトとは、「高時給×楽さ×移動時間」です。

これが重要になってきます。ぜひ覚えておいてください。

高時給と楽さに関してはある程度理解できるでしょう。

しかし、移動時間があまりピンと来ない方が多いのではないでしょうか?

大学生におすすめのアルバイト:移動時間

移動時間とは、その名の通り、アルバイト先までの移動時間になります。

皆さんは、時給1000円で移動時間30分のアルバイト時給1100円で移動時間が1時間のアルバイトのどちらをしたいですか?

大学生の大半は、時給が高い後者のアルバイトを選ぶ傾向にあります。

しかし、よく考えてみましょう。

移動時間の30分を、時給1000円で移動時間30分のアルバイトで働けば、既に500円手に入れることができるのです。

「俺、私、時給1500円でアルバイトをしているんだよ!」と言ってくる大学生はよくいますが、話を聞くと移動時間が1時間を超えていた利するパターンが多いです。

交通費をもらえる大学生も多いかもしれませんが、殆どの場合は前者の場合のほうが多くのお金をもらえます。

このように移動時間はアルバイトを決める際に大切な要素となってきます。

「高時給×楽さ×移動時間」。覚えておきましょう。

家賃を抑える

家賃を抑えることも大学生の一人暮らしを乗り越えていくためのポイントの一つです。

家賃というのは「物件の良さ+人気の駅」の2つの要素で決まっています。

都内は高いが、田舎であるならば安いのも需要と供給のバランス上では仕方無いことでしょう。

家賃が安い物件の特徴についてこれから解説していきたいと思います。

初期費用に関しては同じ物件であっても仲介業者によって差が出る可能性があります。

アパート

物件の中で最も安いのが木造アパートになります。

防音性は低いですが、初めの一人暮らしする大学生の大半はアパートでしょう。

一方で、鉄筋コンクリートマンションは防音性が高いですが、家賃もそれに応じて高くなってきます。

ユニットバス

ユニットバスは、お風呂とトイレが一緒になっているタイプの物件です。

抵抗感のある大学生も多いと思いますが、ユニットバス物件は人気が低いので格安になってきます。

部屋の広さを優先すると、家賃を高くしなければならないため、ユニットバスであれば比較的広い物件を見つけること出来るでしょう。

しかし、潔癖症には向かないでしょう。

駅から遠い物件

当たり前ですが、駅から遠ければ遠いほど物件の価値は低くなるため、家賃も安くなります。

11分以上となると圧倒的に安くなるため、歩くことが得意な方はおすすめでしょう。

一般的に、10分以内であれば「駅チカ」と呼ばれます。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、一人暮らしの大学生は【アルバイト】を絶対しなければいけない?某有名私立大学生が教えます。というテーマでお伝えしました。

結論は、アルバイトは必須ですが、絶対ではありません。

収支があっていれば問題はありません。

しかし、大半の大学生はアルバイトをしないと生活していけません。

そのためにも効率の良いバイトを見つけて充実した大学生活を送ってください。

僕の記事では、バイト・一人暮らし・就活情報に特化してブログを運営しているので是非参考にしてみてください。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!