大学生 一人暮らし

一人暮らしの大学生は住民票を移すことは必要なのか?某有名私立大学生が教えます。

人暮らしの大学生は住民票を移すことは必要なのか?某有名私立大学生が教えます。
人暮らしの大学生は住民票を移すことは必要なのか?某有名私立大学生が教えます。

一人暮らしの大学生は住民票を移すことは必要なのか?某有名私立大学生が教えます。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「一人暮らしの大学生には住民票を移す必要はあるの?」「一人暮らしの大学生の住民票を移すのはなぜ?理由は?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

大学に進学すると一人暮らしを始める大学生も増えると思います。

大学生になって住民票を移したほうが良いのか悩んでいる大学生も多いのではないでしょうか?

今回は、そもそも大学生が住民票を移す必要があるのか、そしてどんな手続きが必要なのかについて詳しく解説していきたいと思います。

また、その理由についても見ていきましょう。

この記事を最後までお読みいただければ、一人暮らしの大学生の住民票についてはある程度マスター出来るでしょう。

一人暮らしの大学生は住民票は必ず移さなければいけないのか?

一人暮らしの大学生は住民票は必ず移さなければいけないのか?

では早速ですがみなさんの気になる住民票を移す必要があるのでしょうか?

結論としては、大学生の場合は住民票の住所変更手続き、つまり住民票を移すことは必須ではありません。

初めて一人暮らしをする人にとって、住民票はこれまで接することがなかった方も多いと思います。

「一人暮らしをするのであれば、住民票を移す必要がある」と噂で聞いても、何をどのようにしたらよいかわからないという大学生も多いでしょう。

そもそも住民票とはどんなものかわからないという大学生のためにもはじめにお伝えしておきます。

住民票とは?

住民票とは、どこにあなたが住んでいるのかを証明する書類になります。

住民票に記載されているのは主に以下の6項目です。

まとめるとこんな感じです。

住民票に内容
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 住民となる年月日
  • 届け出日と以前の住所

記載されている要項に住所があるということは、一人暮らしになるときは、住所変更の手続きが必要になります。

しかし、状況によっては手続きをしなくていいケースも存在します。

住民票を移すには生活する拠点が変わるかどうか

大学生の場合は、一人暮らしで住む場所が変わったからといって、大学を卒業した後もその場所に住み続ける方ばかりではないでしょう。

卒業したら実家に帰る大学生の場合、一人暮らしの住所は一時的なもので、生活拠点はずっと実家のままということもありえます。

つまり、大学生が住民票を移す必要がないのは生活拠点が一時的な場合です。

住民票に載っている住所を変更するのは、基本的に「生活拠点が変わること」が重要なポイントであるため、大学生でその場所に住むのが一時的ならば、住民票を移す必要はありません。

住民票を移す場合の注意点

住民票を移す場合の注意点

住民票の移しが必要な一人暮らしの場合は、手続きは引越し後14日以内に行うようにしてください。

これは、住民基本台帳法に定められています。

引っ越し後に住民票の転出をしなかった場合、5万円以下の過料を受ける可能性があります。

しかし、大学生の場合には一時的な居住で過料に該当しない場合も存在します。

大学生の場合には一時的な居住で過料に該当しない場合も存在します。

一人暮らし大学生が住民票を移しておくべき3つの理由

では次に、一人暮らし大学生が住民票を移しておくべき理由について解説していきたいと思います。

デメリットを出してみましょう。

住所が地元にあるデメリットは3つあります。

まとめるとこんな感じです。

住所が地元にあるデメリットは3つ
  1. 郵送物が実家へ送られてしまう
  2. 運転免許の本試験や更新のために地元へ行かなければならなくなる
  3. 様々な手続きで面倒になる

以上の3つがデメリットになります。

一つ一つご紹介していきたいと思います。

郵送物が実家へ送られてしまう

公的な書類や大学関連の書類など、大切な書類郵送物は大体の場合は、住民票の登録している場所に送られます。

つまり、住民票を移していなければ重要書類は実家に一度送られてしまうのです。

これは非常に面倒ですし、配送費が倍かかってしまいます。

住民票を移してさえ入れば何も問題もありませんが、現住所が居住地と異なることで、実家からあなたの住所地まで重要書類を送ってもらわなければならなくなります。

そしてなによりも、自分の手元に届くまでに無駄な時間がかかることが面倒でしょう。

運転免許の本試験や更新のために地元へ行かなければならなくなる

大半の大学生が大学生活中に運転免許を取得します。

これはどこの大学も同様のことが言えるでしょう。

運転免許を取得する時は、教習所は公認であれば全国どこでも問題はないでしょう。

しかし、教習所を卒業した後に受ける、本免試験の学科試験や免許証発行は、住民票を登録した場所の免許センターでなければ受験することが出来ません。

運転免許の更新も全く同様です。

したがって、運転免許の取得や更新のために、住民登録している地元に帰らないといけなくなってしまいます。

地元が遠い学生は交通費・時間が無駄になってしまいます

様々な手続きで面倒になる

これは、上記の項目と被ってしまうのですが、様々な手続きで面倒になってしまうことです。

費用が無駄になってしまうのはもちろんですが、大学生の大事な時間までも奪われてしまうことにも繋がってしまいます。

ぜひ、一人暮らしの大学生は住民票を移してください。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、一人暮らしの大学生は住民票を移すことは必要なのか?某有名私立大学生が教えます。というテーマでお伝えしました。

一人暮らしの大学生であれば、住民票を早めに移しておいたほうが良いというのが僕の意見です。

この記事でも話したように、色々なデメリットが出てきます。

そうなる前に、住民票を移転させておきましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!