大学生 一人暮らし

【都内】の一人暮らしの大学生の費用はいくら?必要な費用の種類は?

【都内】の一人暮らしの大学生の費用はいくら?必要な費用の種類は?
【都内】の一人暮らしの大学生の費用はいくら?必要な費用の種類は?
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

【都内】の一人暮らしの大学生の費用はいくら?必要な費用の種類は?

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

都内の大学生の一人暮らしの費用はいくらぐらいかかるの?」「一人暮らしの費用の種類はどのくらい?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、都内に住んでいる、または都内に引っ越そうとしている大学生はある程度の費用は理解できるでしょう。

それでは早速見ていきましょう。

結論:都内の大学生の一人暮らしに必要な費用は約13~15万円

結論:都内の大学生の一人暮らしに必要な費用は約13~15万円

結論から言うと、都内の大学生の一人暮らしに必要な費用は約13~15万円になります。

まずはこれを覚えておきましょう。

簡単にまとめるとこんな感じです。

都内の大学生の一人暮らしに必要な費用の内訳
  1. 家賃相場:5~7万円
  2. 生活費:約8万円

大きく分けてこのあたりが大きな数字として費用となってくるでしょう。

都内の家賃相場

都内の大学生の家賃相場は約5~7万円と言われています。

決まってはいないですが平均的にこの数字です。

大学生のため、学生マンションに住むことが出来れば、家賃は4万円台まで落とすことが出来ます。

女性の方はセキュリティー面を考えて、比較的に家賃が高い傾向にあります。

これは仕方ないことではありますが、家賃を落とすことでかなりの費用の節約ができるでしょう。

単純に考えてみると、わかりやすいでしょう。

一ヶ月に7万円の家賃のところの住むか、5万円の家賃のところを選ぶか。

少しだけ、立地が良くて快適さが増すかもしれませんが、1×12ヶ月で12万円の費用の節約です。

この12万円を使ってもっと別のことに使ったほうが効率的ではないでしょうか?

生活を豊かにする方法は、家だけでなくてもほかにたくさんあります。

ぜひ探してみましょう。

都内の生活費

大学生の一人暮らしには、生活費:5~7万円を見積もっておきましょう。

都内の生活費は、地方と比べてもあまり変わらないでしょう。

都内の生活に関しては、大学生であっても、食べるものや生活の仕方はあまり変わらないので基本的には変化しません。

※ただし、家賃の場合は話しが別です。人口が多いため結果的に、土地の価値が高くなるのです。

生活費は大きく分けて5つあります。

まとめるとこんな感じです。

生活費の種類
  1. 食費
  2. 水道光熱費:水道代と電気代になります。
  3. 通信費:大学生の皆さんであれば必ず使っているでしょう
  4. 交際費:お出かけする際に必要な費用です。
  5. 雑費:その他諸々の費用です。

詳しい生活費の種類のついてはこちらの記事を参考にしてみてください。

大学生の一人暮らしにかかる費用の【内訳】はどんなものがある?いくら?

都内の大学生が一人暮らしをするメリット・デメリット

都内の大学生が一人暮らしをするメリット・デメリット

では、都内の大学生が一人暮らしをするメリット・デメリット解説していきたいと思います。

これを見ている人は、一人暮らしをするかどうかで迷っている方も多いでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしをするメリット

まとめるとこんな感じです。

一人暮らしをするメリット
  1. 自由度が高い
  2. 遊びやすい
  3. 家事に慣れることが出来る

ひとつひとつ見ていきましょう。

自由度が高い

やはり実家暮らしと比べて、生活の自由度は格段に上がるため、一番のメリットでしょう。

食事やショッピング・睡眠などの生活に関するあらゆるものを自分の判断で決断出来ます。

家族に気を遣うこともなく、自分のしたいことに没頭できるのです。

これはかなり大きな利点でしょう。

遊びやすい

これは上記で述べたことと被るかもしれませんが、大学生は遊ぶ機会が圧倒的に増えます。

これと同時に、一人暮らしをすると、家族や生活にとらわれないため、非常に自由に行動できるのです。

家事に慣れることが出来る

一人暮らしであると、食事や洗濯・買い物などは全て自分でこなすことになります。

一方で、家族のありがたみを感じることも多いのではないでしょうか?

家事を自分ですることが出来なければ、生活リズムが崩れる原因になります。

大学生の一人暮らしのうちに、家事を出来るようにしておきましょう。

一人暮らしをするデメリット

一番大きいのは、生活リズムが崩れることではないでしょうか?

特に大学生は、先程も述べたように、高校の時と比べ、圧倒的に遊びの機会が増えます。

都内の大学生であればなおさらでしょう。

都内は、遊ぶことの出来る、エンターテイメント性に溢れた楽しい地域ではありますが、一方で遊び呆けて生活リズムが崩れてしまう大学生も少なくはありません。

一人暮らしをしたい気持ちは十分に分かりますが、慎重に考えてみましょう。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、【都内】の一人暮らしの大学生の費用はいくら?必要な費用の種類は?というテーマでお伝えしました。

都内の大学生、家賃が基本的に高くなります。

これは、人口が高いために、土地の価値が結果的に高くなっているからです。

生活費は地方の費用と変わらないので、都内の大学生であれば家賃を慎重に考えてみましょう。

そうすれば、公開しない一人暮らしをすることが出来るでしょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!