大学生 一人暮らし

大学生の一人暮らしの【生活費】はいくらかかるの?一人暮らしのメリットは?

大学生の一人暮らしの【生活費】はいくらかかるの?一人暮らしのメリットは?

大学生の一人暮らしの【生活費】はいくらかかるの?一人暮らしのメリットは?

大学生の一人暮らしの【生活費】はいくらかかるの?一人暮らしのメリットは?

こんにちは、大学生ラボラトリーです。僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生の一人暮らしの生活費はいくら?」「一人暮らしのメリットはどんなもの?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

一人暮らしをしようと考えたとき、まず気になるのが「費用」についてでしょう。

特に初めての一人暮らしをする場合は、「毎月どれくらいの生活費がかかるの?」と心配になりますよね。

そのため、いざ一人暮らしを始めたとき焦らないように生活費にフォーカスして見ていきましょう。また、一人暮らしをするメリットについても解説していきます。

この記事を最後までお読みいただければ、一人暮らしの大学生は生活費だけではなく、一人暮らしにかかる全体費用についてもしっかり理解できるでしょう。

では早速見ていきましょう。

大学生の一人暮らしの大学生で毎月かかる生活費は?

一人暮らしを始めたら、毎月どんな費用がかかるのか見ていきましょう

大学生の1カ月の生活費の平均や、地域によって家賃の相場が変わることを覚えていきましょう。

大学生の一人暮らし大学生の生活費は1カ月あたり約18万円

このデータは日本学生支援機構によるものです。

一人暮らしをしている大学生の1カ月の生活費は平均18万円程度です。

皆さんはこの数字を多いと思うのか、少ないと思うのかどちらでしょうか?

大学生の一人暮らし大学生の生活費の内訳

では、一人暮らし大学生の生活費の内訳について見ていきましょう。

その内訳は学費に約9万円、生活費にも9万円となっています。

※学費にはサークル費も含まれます。

しかし、家賃などを支払わずに同居しているケースもあるためそれを含んだ平均の支出であるので、一般の一人暮らしは少し生活費が高くなる場合もあります。

また、家や地域でも家賃は変化します。

大学が国立や公立、私立大学かによって変わってきます。

あくまで平均なので参考程度にしてください。

僕の場合は都内に大学があるので、家賃は高めで私立大学なので学費も高いです。

大学生の一人暮らしで毎月かかる全体費用の内訳は?

大学生の一人暮らしで毎月かかる全体費用の内訳は?

では、大学生の一人暮らしで毎月かかる全体費用の内訳について見てきましょう。

このデータも日本学生支援機構により基づいています。

大学生の一人暮らし:食費

大学生の一人暮らしは結論から言うと、約2万3000円です。

食費の項目には外食、自炊のための材料費も含まれています。

もし、1食500円だとすると、3食すべて食べるとすると、1カ月で約4万5,000円です。

食費を2万3000円に抑えるためには食費の工夫が必要です。

大学生の一人暮らし:家賃・光熱費

家賃、水道光熱費、暖房費などの費用になります。

結論から言うと、約3万8000円になります。

このデータは下宿の大学生も含まれた平均になるため、一人暮らしの場合は上記のように地域ごとの家賃平均を参考にして、水道光熱費を1万円程度で考えておくと間違いないでしょう。

詳しい家賃についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【大学生必見!】大学生の一人暮らしにかかる費用の平均はいくら?

水道の出しっぱなしや電気をつけたままにすると水道光熱費もかさんでしまうため、節電・節水を心がけましょう。

大学生の一人暮らし:娯楽費

趣味や遊びのために使う費用になります。

結果として、約1万3000円になります。

友達と遊びに行くための費用や間食代なども含まれています。

大学生になるとこれまでよりもずっと関係が広がり、付き合う人数が圧倒的に増えるため、この費用が膨らみすぎると金欠になってしまいがちなので注意が必要です。

つまり、生活費にも響いてきます。

毎月、自分の好きなことに使える金額を先に決めておくことが大学生にとっては重要です。

大学生の一人暮らし:小遣い

小遣いも大学生にとっては考えておかなければならない費用になります。

費用としては、約1万4000円になります。

服や通信費、通学のための交通費などの、上記では含まれない日常的な費用を指します。

交通費は頻度や距離によっても色々です。

いつ・どれだけの費用が必要になるのか前もって考えておくことが必要です。

また、服が好きな大学生は、ここの費用が高くなることになります。

気をつけましょう。

大学生の一人暮らしのメリット

大学生の一人暮らしのメリット

では、大学生の一人暮らしの生活費について見てきたので、次はメリットについて解説していきます。

親元を離れて自由に行動できる

親元ではいろいろと縛られてしまいがちです。

大学生にうちは好きなように活動してもいいのではないでしょうか。

大学生の本分である勉強を怠ってはなりませんが、逆に「両親のもとでは身が入らず勉強が出来なかった」という大学生も多々います。

自分で好きなように行動できて、そして自由な時間を得られるというのはとても大きなメリットです。

友達を呼びやすい

大学生は「人生の夏休み」とよく言われます。

勉学のみで大学生活を終えるのも少し物足りないと思います。

大学近くの家であれば友人を呼びやすく、それを理由に友達もできやすいでしょう。

大学生は勉強が本分とは言うものの、人脈関係を広めるのも社会人になるための第一歩だと思って行動していきましょう。

大学に通いやすい

3つ目は大学に通いやすくなるということでしょう。

大学生になることが決まって一人暮らしを始めるということは、家探しも大学周辺の家を探すことになるでしょう。

つまり、実家暮らしの大学生より一人暮らしの大学生の方が大学が近い可能性が高いです。

通学路を考えて物件を探すことで、大学への道が確かなものになって、電車時間などを減らすことで自分の時間をより有意義に使うことが出来ます。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生の一人暮らしの【生活費】はいくらかかるの?一人暮らしのメリットは?というテーマでお伝えしました。

大学生の一人暮らしは大変なものです。

生活費に加え、学費なども加算されます。

よく考えておかないと大変なことになってしまう場合も存在します。

大学生は一生に一度しかないので楽しむのも大変素晴らしいことですが、生活費などの費用についても意識していきましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!