大学生 一人暮らし

一人暮らしの大学生の部屋の選び方とは?本当に重要なポイントを解説

一人暮らしの大学生の部屋の選び方を解説します。本当に重要なポイントとは?
一人暮らしする際のおすすめの選び方は?
おさえおくべき部屋の選び方とは?大学生だからしっかりと決めたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • 一人暮らしの大学生は部屋を慎重に選ぶべき理由
  • 一人暮らし大学生の部屋の選び方

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

一人暮らしの大学生は部屋を慎重に選ぶべき

一人暮らしの大学生は部屋を慎重に選ぶべき

結論、一人暮らしの大学生は部屋を慎重に選ぶべきです。

この作業を安易に考えてしまうと、後から絶対に後悔してしまいます。

一度しか物件選びはしません。

しかし、最初に敷金や礼金などを始めに払うことが多いため、物件選びに失敗してしまうとずっと不快なまま大学生活をしていかならければなりません。

今回は、一人暮らしの大学生の部屋の選び方についてより効率的で、簡単な方法をまとめましたので参考にしてみてください。

一人暮らし大学生の部屋の選び方

一人暮らし大学生の部屋の選び方

では早速、本題に入っていきましょう。

一人暮らし大学生の部屋の選び方は合わせて5つあります。

まとめると以下の通り。

  1. ユニットバスであるかないか
  2. コンロが2つ以上であるか
  3. 安全面がしっかりしているか
  4. 周辺環境が整っているか
  5. 築年数は10年以内

ひとつひとつ見ていきましょう。

1. ユニットバスであるかないか

ユニットバスであるかないか

ユニットバスであるかないかについては、一人暮らし大学生の部屋の選び方において重要なポイントです。

ワンルームのお風呂、トイレ、洗面室の間取りは、ユニットバスとセパレートの2種類が存在します。

それぞれのメリットとデメリットをまとめておきます。

ユニットバスのメリット・デメリット

ユニットバスには3点ユニットバス2点ユニットバスの2種類が存在します。

3点ユニットバス&2点ユニットバス

3点ユニットバスはお風呂・トイレ・洗面室が全て一緒になっているものです。

2点ユニットバスはお風呂と洗面室が一緒になっており、トイレが別です。

ユニットバスは、お風呂と何かを一緒にすることでコストとスペースを削減できるため、家賃が安めになっています。

しかし家賃は安めで、掃除がしやすいというメリットがありますが、洗い場がないため、お湯を溜めてゆっくり出来づらいというデメリットもあります。

トイレ・お風呂がセットになっている3点ユニットバスの場合は、友達や恋人が遊びに来た際に、お風呂を使っている間はトイレに行けないのが何気不便です。

友達をたくさん連れてくる大学生はあまり合っていないかもしれません。

また、お風呂に入った際にトイレが汚れてしまいがちです。

きれい好きの大学生にもお薦めはできません。

セパレートのメリット・デメリット

セパレートタイプはお風呂・トイレ・洗面室が各別々になっているものです。

ユニットバスより家賃が高めになっていますが、お風呂・トイレが別なので、お風呂に入ってリラックスしやすいのが特徴です。

友達や恋人が泊まりに来た際は、お風呂・トイレを別々に使えるため、3点ユニットバスの様にお風呂に入っている時にトイレが使えないということがないです。

つまり、家賃が安く設定されているユニットバスを選ぶか。または、家賃が多少高めのお風呂・トイレが別々のセパレートを選ぶか

この問題になってきます。

人気があるのはやはりセパレートです。

しかしユニットバスの家賃の安さも大きなメリットです。

大学生が一人暮らしを始めようとしている際は、この選び方を考えてみましょう。

2. コンロが2つ以上であるか

コンロが2つ以上であるかどうかについても一人暮らし大学生の部屋の選び方において重要なポイントです。

物件によってキッチンの広さや機能は変わってきます。

狭いキッチンだと使い勝手が悪く、自炊をしようとしてもあまりモチベーションが上がりません。

自炊を続けていくためには、広いキッチンを選んだ方が賢明です。

狭いキッチンの場合、調理器具や食材の置き場がなく、料理がかなりしにくいです。

そして、一番重要なのがコンロの数です。

圧倒的にコンロが2つ以上あれば効率的で、簡単に調理ができてしまいます。

自炊は節約を考えている大学生であれば必須の条件であるため、ぜひ考えてみましょう。

3. 安全面がしっかりしているか

セキュリティ面を考えることも重要な選び方です。

大学生が一人暮らしをするのであれば、マンション・アパートの防犯性は必ず確認してください。

特に女子大学生にはオートロックの賃貸物件がおすすめです。

オートロックなら訪問販売を受けることがありません。

オートロックであるため、完全に安全というわけではありません。

意外にも大学生であるとこの安全面を無視してしまうことが多いです。

ぜひしっかりした物件を選んでください。

4. 周辺環境が整っているか

周辺環境が整っているか

これはみなさんも気をつけることではありますが、改めて解説していきます。

国道沿いであれば夜中でもトラックが走って騒音激しいです。

大型車が通る際に部屋が揺れることさえあります。

街灯が少なく、夜は暗くなる道が多い場所であれば女子大学生にはバイトや飲み会で遅くなった際の帰り道が非常に心配でしょう。

そのためにも、周辺環境が整っている場所を考慮して考えてみましょう。

4. 築年数は10年以内

築年数は10年以内の物件を選ぶことも重要なポイントです。

部屋が少し狭くても、多少値段が高くなろうとも、築年数が10年以内の部屋を選ぶと失敗はしません。

理由としては、築年数が新しいほど質が高いものになっているからです。

意外にもこの部分を軽んじてしまい、「広さ」を重視してしまう大学生が多いです。

  • 害虫が出にくい
  • 匂いが出にくい
  • 収納場所が多い…ect

広さを意識してしまいがちですが、築年数も考えてみましょう。

築年数が経っていると当然ながら家賃は安いですが、そこは踏ん張って築年数10年以内の物件を選んでください。

後から後悔してしまいます。

一人暮らしの部屋を選ぶ際は慎重に決めよう!

一人暮らしの大学生の部屋の選び方を解説します。本当に重要なポイントとは?

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、一人暮らしの大学生の部屋の【選び方】を解説します。本当に重要なポイントとは?というテーマでお伝えしました。

お伝えしたのは、5つになります。

難しことは全くありません。

物件の選び方について悩んでいる方はぜひこの記事を参考してみてください。

そして、いい部屋を見つけてくれることを願っています。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!