バイト

大学生のバイトの選び方のコツと注意点とは?某有名私立大学生が教えます。

大学生がバイトを選ぶ時のコツと注意点とは?某有名私立大学生が教えます。
大学生がバイトを選ぶ時のコツと注意点とは?某有名私立大学生が教えます。

大学生のバイトの選び方のコツと注意点とは?某有名私立大学生が教えます。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは、日々、若者(大学生)に向けたライフハック情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生なんだけど、バイトの選び方がよくわからない…」「大学生のバイトって選ぶ時どうするの?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

大学生になると、時間的な余裕も生まれ、大半の人がバイトを経験するでしょう。

定番の飲食や、真面目なバイトの印象のある塾講師バイト、誰でもとっつきやすいイメージのあるコンビニバイトなどなど…

「どこも人気で、どうやってバイト先決めればいいのかわかんない…」という大学生も多いのではないでしょうか。

そのため、今回は大学生のバイトを選びそ方やの注意点、コツについて解説していきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、大学生がバイトを選ぶ時に気をつけることやコツはある程度理解できるでしょう。

では早速参りましょう。

大学生のバイトの選び方で注意すること

大学生のバイトの選び方で注意すること

では早速ですが、最初に大学生のバイトの選び方で注意することについて見ていきましょう。

ここをしっかり抑えておかないと、後から大変な目にあってしまいます。

気をつけましょう。

僕が考える大学生のバイトの選び方で注意することは3つあります。

図にまとめるとこんな感じです。

大学生のバイトの選び方で注意すること
  1. ブラックバイトに要注意
  2. 夜勤をできるだけ控える
  3. 続けられるバイトをひたすら探す

以上の3つになります。

ひとつひとつ見ていきましょう。

ブラックバイトに要注意

ブラックバイトは、バイトの選び方で注意しなければならない点です。

特に最近ではブラックバイトと呼ばれ、授業に行くことが出来ず、バイト先から残業を強要されることが問題になっています。

大学生にとっては一番大切なことは大学の授業やテストです。

しっかり面接時に必ず授業を優先出来るのか出来ないのか確認することが大事です。

その確認の内容次第で、バイト先を変えても良いくらいです。

バイトは世の中に山ほどあります。

一つのバイトに固執することなく、色々なバイトを挑戦することは大学生の特権です。

また、現に「ブラックバイトで働いているな…」と感じる大学生は今すぐやめてしまいましょう。

何か脅されても心配はありません。

大学生でバイトという立場であれば、すぐに辞めることが出来ます。

バイト先は単位を落としたとしても、正直保証もしてくれないため、その環境から抜け出す方法を考えた方がいいでしょう。

まだブラックバイトがピンときていない大学生も気をつけましょう。

夜勤はできるだけ控える

夜勤バイトはバイトの選び方で注意しなければならない点です。

夜勤のバイトは確かに時給は高めですが、出来るだけ控えたほうが賢明です。

大学の講義の兼ね合いでどうしても日中にバイトが出来ないということでない限り、避けた方がいいです。

夜勤バイトが悪いと言っているわけではありませんが、大学生のうちに無理して深夜帯のバイト体によくありません。

また、バイトの仕事内容や活動時間が同じでも、時間帯が昼と夜で異なるだけで、体に残る疲労の具合は全く異ります。

夜勤バイト経験者は病気にかかりやすい

実際に夜勤経験者は病気にかかりやすく、寿命が短くなるというデータが最新のデータで明らかになっています。

また、夜中働いて朝に帰ってくるという生活は、典型的な生活リズムの乱れです。

大学の講義は基本的には日中に行われます。

日をまたぐ前にはバイトを終わらせて、就寝したいところです。

そして、夜勤バイトによって生活リズムが崩れると、大学の講義への出席率が圧倒的に下がってしまいます。

これはまさに本末転倒です。

出来るだけ夜勤のバイトは控えるのをおすすめします。

続けられるバイトをひたすら探す

これもバイトの選び方で覚えておいた方が良いことです。

極論かもしれませんが、続けられないバイトは辞めてしまって、また違うバイトをすぐ探しましょう。

これが一番バイトの選び方において効率がいいです。

バイトを一度やってみて、「これは違うな。。。」「このバイトは辛い…」と少しでも感じたらやめることも大事です。

楽しくないバイトや辛いバイトひたすら続けていても、なんの得もありません。

大学生のうちは、行動してみて捨てることも非常に大切です。

これに対して、「いや、自分が一人で辛いと思っているだけじゃないの?」という方もいるでしょう。

それに対しての答えは、「しっかりと自分の経験をもとに比較しましたか?」ということです。

比較できれば、必然的にいいバイトが見つかるはずです。

バイトに対する経験値が少ないからこそ、選び方の点で悩んでしまうのです。

大学生のバイトの選び方のコツ

大学生のバイトの選び方のコツ

バイトの選び方の注意点について見てきたので次は、大学生のバイトの選び方のコツをご紹介していきたいと思います。

僕が思うバイトの選び方のコツは3つあります。

まとめるとこんな感じです。

大学生のバイトの選び方のコツ3つ
  1. シフトの柔軟さ
  2. 仕事内容
  3. 時給

ひとつひとつ見ていきましょう。

シフトの柔軟さ

・部活を優先してバイトはその次。
・勉学と両立させたかったからシフトの柔軟さが大切。
・大学生だし、遊ぶ予定が入ってもシフトが柔軟だと助かる。

こんな声が寄せられています。

大学では勉学はもちろんのこと、部活やサークルなどの今しかできないこともしながら、お金を稼ぎたいものです。

たくさん活動をしたい大学生にとってシフトの柔軟さが大切になってきます。

そのため、シフトの柔軟さがバイトを選ぶ際に大切です。

仕事内容

大学生のバイトの選び方のコツとして、仕事内容はかなり大事なことでしょう。

・自分の趣味が生かせる仕事がしたかったから。
・時給が高いとこでやってきたが、その代わりに大変だったから。
・その仕事が自分に合っているのか、出来るのかどうかが大切。

こんな声が寄せられています。

「いくら高時給でも、仕事をするのが嫌だ。」なんてことにはなるべく控えたいです。

自分にあった仕事を選べば、ストレスを感じずに働くことが出来て、その後の就職にも役立つかもしれません。

目的にもよりますが、仕事内容は自分に合っているor自分の将来的にしたい仕事内容をするようにしましょう。

確実に今後に響いてきます。

時給

・同じ時間を働くなら高時給のほうが良いから。
・1時間単位の自分の価値だから。
・いっぱい遊びたいから時給のいいとこがいい。

こんな声が寄せられています。

時間はお金に変えられません。

「time is money」。世界で共通することわざです。

短時間で多く稼げれば、時間を有効活用していけるでしょう。

また、仕事内容が大変な場合は、時給が高くなる傾向があります。

これは、大変な仕事なだけ、働く量が増えるため必然的に時給が高くなります。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生のバイトの選び方のコツと注意点とは?某有名私立大学生が教えます。というテーマでお伝えしました。

大学生のうちはバイトの選び方をしっかり考えた上でたくさんのバイトを経験することが大事だと思います。

今すぐ行動してみましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!