大学生 一人暮らし

一人暮らしの大学生の仕送り費用はいくら?某有名私大生が教えます。

一人暮らしの大学生の仕送り費用はいくら?某有名私大生が教えます。

こんにちは、大学生ラボラトリーです。僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「一人暮らしの大学生の仕送り費用はいくらぐらいなの?」「大学生の一般的な仕送り費用はどのくらい?」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

大学生の一人暮らし、大学生だからこそ勉学やサークルの活動に追われることも多く、一人暮らしにかかる費用を一人で解決していくことは厳しいでしょう。

そのため、両親から仕送りをもらったり、奨学金制度を利用している大学生も多いです。

今回は、一人暮らしの大学生の仕送り費用はいくらになるのか、そして大学生の一般的な生活費をご紹介していきたいと思います。

この記事を最後までお読みいただければ、大学生活必要な仕送り費用についてマスター出来るでしょう。

では早速見ていきましょう。

大学生の一人暮らしにかかる費用の目安

一人暮らしの大学生が1ヶ月にかかる費用とは一体どのくらいなのかについて見ていきましょう。

大学生の主な支出は、住居費、その他食費や娯楽費が主な支出になっています。

家賃

まず家賃について見ていきましょう。

2018年の平均約53,000円となっています。

こちらの記事で詳細を書いていますので参考にしてみてください。

【大学生必見!】大学生の一人暮らしにかかる費用の平均はいくら?

食費

食費は約30,000円になります。

大学生の主な支出として食費が大きく占めると思います。

娯楽費

娯楽費は約20,000円ほどです。

しかし、娯楽費については大学生の個人差が大きいためしっかりとは言えないですが、自分で稼いだ収入の2割まで娯楽費を抑えるのが理想的と言われています。

以上が大学生の一人暮らしにかかる費用の目安になります。

合計で、約10万円程度が費用の主な平均となっています。

ここでさらに、交通費などが含まれるので多少多めに考えておくと良いでしょう。

大学生の一人暮らしの仕送り費用の平均額は?

大学生の一人暮らしの仕送り費用の平均額は?

では、大学生の一人暮らしの仕送り費用の平均額について見ていきましょう。

最も多いのは50,000円~100,000円になります。

皆さんはこの金額についてどう思いますか?

この金額帯がなんと約4割を占めています。

ついで多いのが100,000円以上の金額帯です。

ちなみにこちらが3割を占めています。

50,000円未満の金額帯は1.5割になっています。

※こちらのデータは全国大学生活協同組合連合会を基に作成しています。

これらの数字からわかることは、仕送り費用は大体、住居費、つまり、家賃と食費の合計であることが分かります。

100,00円以上も高く見えますが、都内付近に一人暮らしをする大学生であれば必然的に家賃も高くなってしまうので、仕送り費用も妥当だと言えるでしょう。

家賃と食費は仕送りの費用でまかなうとして、交際費などのお金は自分でバイトをして稼ぐという大学生が最も多いでしょう。

おすすめのバイトの記事も書いていますので参考にしてみてください。

【大学生必見】おすすめの長期バイト5選!某有名私大生が教えます。

当然のことながら、仕送りゼロで全てを自分で稼ぐという大学生も少なからず存在します。

勉学との両立が難しいことが挙げられるため、少ない人数となっています。

大学生の一人暮らしの仕送り費用をうまく活用するポイント

ではここから大学生の一人暮らしの仕送り費用をうまく活用するポイントについて見ていきましょう。

住む場所によって生活費が変わる

当然のことですが、都心部であれば生活費は必然的に高くなります。

都心に近いほうが、便利ではありますが、月に1万違うだけでも1年では12万も違ってきます。

遠すぎても大事な時間を失ってしまうので慎重な決断が必要です。

これは家賃だけでなく、物価の値段なども同様のことが言えます。

また、北海道や沖縄などの地方に住んでも光熱費が高くなってしまいます。

住む場所のよって生活費は変わるため、今までのデータはあくまで全国平均であることを念頭に置いてください。

仕送り費用が少ないとバイトに明け暮れてしまう

仕送り費用が少ないとバイトに明け暮れてしまう

大学生のみなさんはブラックバイトの噂を聞いたことはありますか?

大学生などを毎日何時間も働かせてしまうような残酷なバイトです。

しっかりとしたバイトの知識がないとそのようなブラックバイトに引っかかってしまいます。

大学は自分の専門の勉学、研究をするためにお金を払って行くものです。

しかし、バイトによって本業の勉学が疎かになってしまっては本末転倒です。

社会経験としてのバイトを大学生のうちにやることは良いことですが、やりすぎてしまわないように最低限の仕送り費用はいただくようにしましょう。

仕送り費用が多いと怠惰な大学生活を送ってしまう

上記とは逆になりますが、あまりにも仕送り費用が多いと怠惰な生活を送ってしまう可能性が大きくなってしまいます。

僕はどちらかというと、仕送り費用が一般よりも少なかったので比較的には真面目に大学生活を送ることが出来ています。

必ずではないですが、一人暮らしの仕送り費用が多くなると、自分で稼ぐ能力が育たないと思います。

大学生のうちから無駄な出費はしないことを心がける生活が将来にとって必ずプラスになるはずです。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、一人暮らしの大学生の仕送り費用はいくら?某有名私大生が教えます。というテーマでお伝えしました。

もう一度繰り返しますが、一人暮らしの大学生の仕送り費用は約50,000円~100,000円になります。

仕送りに頼ることも大事ですが自分で稼ぐ能力も必要です。

バイトを行って収入を増やすことも大切です。

この記事で一人暮らしにおすすめのバイトを紹介していますので参考にしてみてください。

某有名私大生が教える大学生の【一人暮らし】向けのおすすめバイトとは?

ではまた次回の記事でお会いしましょう

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!