大学生 一人暮らし

大学生の一人暮らしの【最低】でもかかる費用はいくら?

大学生の一人暮らしの【最低】でもかかる費用はいくら?
大学生の一人暮らしの【最低】でもかかる費用はいくら?
当サイトでおすすめのアルバイト
  1. ギガバイト:「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能!気に入ったお仕事が複数見つかった場合は、複数一括で応募もできる。今ならお祝い金15万円が貰える!
  2. アルファリゾート:高時給還元!2か月で50万も貯まります。北海道から沖縄リゾートバイト選びならココ!
  3. 治験モニター募集:とにかく高額バイトを狙うなら治験がおすすめ!安心・安全のコーメディカルクラブボランティア。まずは無料登録から始めよう。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「おすすめのバイト7選!気になる金額も解説」をチェック!

大学生の一人暮らしの【最低】でもかかる費用はいくら?

こんにちは、大学生ラボラトリーです。

このサイトでは毎日、若者(大学生)に向けたバイト・一人暮らし・就活情報を発信しています。

僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。

そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。

「大学生の一人暮らしで最低でもかかる費用について教えてほしい…」「最低限必要な費用がわからない…」

今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。

大学生になると実家を離れて、状況をして一人暮らしを始める場合も多いでしょう。

ほとんどの大学生は人生で初めての一人暮らしであるため、大半の学生は楽しみで早く大学生活をしていきたいのではないでしょうか?

しかし、大学生の一人暮らしには色々な費用が出てきます。

必要な費用をしっかり理解しておかないと充実した生活を送る事ができません。

そこで今回は大学生の一人暮らしにかかる費用および毎月の生活費についてご紹介します。

この記事を最後までお読みいただければ、大学生の一人暮らしの方は最低でもかかる費用についてはマスター出来て、上手なお金の使い方をしてけるでしょう。

では早速解説していきます。

結論:大学生の一人暮らしの最低限の費用

大学生が一人暮らしをすると、最低でも月約8万円かかります。

日本学生支援機構(JASSO)のデータに基づいています。

これはあくまでも参考程度にしてくようにしましょう。

家賃が高い都市部に住んだり、そのほかの項目で費用がかさむと約8万円もの生活費が月に必要になります。

そして年間で生活費の求めると、94万~214万円ほどになります。

この生活費に学費を加えるとまた違ってきますが、最低でも160万円以上の費用を年間必要になってきます。

これが高学費の私立大学を希望したり、そのようなレベルの生活費を望むようになると300万円以上の費用が必要になることもあります。

ではこれだけでは疑問点も多いため、内訳なども解説していきます。

では参りましょう。

大学生の一人暮らしで一番かかる費用は学費

大学生の一人暮らしで一番かかる費用は学費

大学生にかかる費用の中で、最も大きな金額を占めるのは学費になります。

生活費の約半分、またはそれ以上が学費の支払いになるため、自分でお金を払っていくとなるとかなり大変でしょう。

また、親から仕送りをもらっている大学生にしても、学費の金額によってはもらえる額は変わってきます。

しかし、大学の学費は払わないわけにはいけません。

では、ここでは再び、 日本学生支援機構(JASSO)のデータ結果をもとに、まとめてみました。

まとめるとこんな感じです。

料金相場
家賃2万円~8万2,000円
光熱費3,500円~1万2,000円
食費2万5,000円~3万5,000円
通信費1万円~1万5,000円
娯楽・交際費1万円~1万5,000円
雑費1万円~2万円
合計8万円~18万円

ひとつひとつ見ていきましょう。

最低限:光熱費・食費

最低限:光熱費・食費

まず一人暮らし以外のことでも言えることですが、生活費を節約して行くためには光熱費と食費を見直してみましょう。

例を挙げますが、家にいる際は見たい番組がなくても、何気なくテレビなどはつけているでしょう。

テレビの種類によって違ってきますが、1時間テレビをつけた際にかかる電気代は約1.5円~2円です。

仮に、5時間テレビをつけていたとしましょう。

しかし、実際はスマホやパソコンなどに集中していて電気代を無駄遣いしています。

つまりこの差の4時間を削減すれば良いのです。

1日で約6円~8円の電気料金を節約出来るため、これを365日続けると約3,000円の電気代節約が可能です。

また食費も極力外食を減らし、自炊することで節約できます。

最低限の一人暮らしの費用にもっていくためには、やはり食費を抑えることが出来る自炊がベストです。

大半のスーパーは夕方になると値引きされるため、このような値引きが行われる期間を狙って食材の買いに行くのもいいでしょう。

最低限:家賃

最低限:家賃

 

生活費の中心を占めるは生活費だけでなく、家賃も大きな費用です。

この点に関しては、立地条件やエリアによって大きく異なってきます。

駅や学校から離れた場所にある物件であれば家賃は比較的安くなる傾向があります。

しかし、一方で目的地からかけ離れていると交通費が高くなってしまいます。

つまり、家賃に関しては大きく節約することは困難です。

物件によっては敷金・礼金がタダのケースもあります。

また、最近では家具家電付きの物件も多々存在します。

これらの良い物件を探すことで一人暮らしを始める時にかかる費用を数十万円安くすることが可能です。

最低限:交際費・雑費

最低限:交際費・雑費

これらも少ない費用ですが最低限のお金で暮らしていきたいのであれば、ここの費用も節約していくことが必要です。

またこの点の節約方法は実際、本人の意思次第になります。

仮にお菓子などを一日200円費用として使っていたとすると、30日、つまり一ヶ月では200×30=6,000円になります。

このように普段、何気なく買っているものも注目してみると意外と簡単に生活費の節約が可能です。

仮に雑費・交際費などの費用を落としたくないのであれば、食費や生活費を抑えていきましょう。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

今回は、大学生の一人暮らしの【最低】でもかかる費用はいくら?というテーマでお伝えしました。

大学生の一人暮らしには大きなお金がかかってきます。

そのためにも、最低限の費用を把握した上で生活していくようにしましょう。

僕のサイトでは、バイト・一人暮らし・就活情報に特化した内容を書いてるためぜひ興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
アルバイト研究員
アルバイト研究員
主に高校生・大学生に向けたアルバイト・ライフハック情報を毎日お届けしています。あっと驚くようなニュースやためになるおすすめ情報を逃さず配信していますので、困った際は是非このサイトを参考にしてください。
最適なアルバイトを最速で探せる【ギガバイト】



大手求人サイトと連携しているから、豊富な求人情報の中から個々のライフスタイルに合わせて「最適」なアルバイトを「最速」で検索することが可能。

気に入ったアルバイトが複数見つかった場合は、複数一括で応募することもできます。

気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろんのこと、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げるバイトの求人や対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人など、かなりの人気を誇る求人を多数掲載しているのが魅力。

また家庭教師や塾講師、就職してからも役に立つオフィスワークやリゾートバイトなど、学生に人気の求人も豊富に掲載してあります!

案件数29万件以上
オリジナル検索勤務時間検索
お祝い金制度有り(今なら10万支給)
応募web上

» ギガバイトはこちら

こちらの記事もおすすめ!